たまちゃんのヨット四方海話(よもうみばなし)

ヨットで揺られるのが大好き。「日本貧乏セーラー連盟会長」を自称する普通のおっさんの備忘録。

【お盆クルージング2022】3日目、神津島→伊東

2022年お盆のクルージングに行ってきました。

3日目、熱帯低気圧発生のため予定を切り上げ神津島からそのまま帰ることにしました。
この熱低はのちに台風8号となり御前崎から伊豆半島に上陸しました。

今年のクルージング計画

今年のクルージング計画は以下の通り。

8/ 9   伊東→下田      28NM
8/10  下田→神津島  35.5NM 
8/11  神津島→三宅島 18.3NM(中止)
    神津島→伊東     52.0NM ←今日はここ
8/12  三宅島→新島     30NM (中止)
8/13  新島→伊東         40NM (中止)
8/14  予備日

3日目 神津島→伊東

前日の決定

下田に向け伊東を出発して間もない9時頃に小笠原諸島近海で低気圧が発生。
翌10日の9時には熱帯低気圧に変わり、気象庁は台風に発達する可能性があるとみて、12時に台風予報と進路予想を発表。
この情報は直ちに私たちに伝わったもののその時点ではまだ判断に至っていなかった。

8月10日、神津島に到着し、昼過ぎの天気予報を見ると三宅島は11日午後から雨。
またその夜から20ノット、12日は局地的に30ノット以上の風が吹く予想が出た。

雨の三宅島、黒潮の急流、追って気味とはいえ30ノットの強風、予想される大きなうねり・・・。

レースでもあるまいに無理することはないと、神津島にて今回のクルージングを切り上げることにしました。

久しぶりの三宅島を楽しみにしていたけど仕方ありません。

こんな時に限ってちょい寝坊

昨夜は少し遅くまで起きていたのと、夜中にまた雨が降ってハッチを閉めたりとしているうち5時起き予定より1時間近く寝坊・・・。
それだけ静かな港内でした。

朝食を準備し、散歩がてら海水浴場の近くのトイレまで。

海水浴場では早朝からライフセーバーの皆さんが訓練をしていました。

ルート選択をミスった?!

① 神津島の南を回って西に出る
②そのまま島の東岸を北上するか

→昨日、町が見えるところから島の南を通過するとき、対地11.5ノット、つまり5ノット近くの海流に乗った。
①案はこの流れにさかのぼって潮 距離が短いとはいえこれを逆行するのは大変では?
②では神津島と式根島の間で流されるだろうけど、それを織り込んでも対地3,4ノットで北上出来るのでは?

ということで、②案に決定。

0735、もやいを解いたのだが・・・結果的には失敗だったかも。

神津島と式根の間は想像以上に流れが強く、行きたい方向が0°なのにヘディングを320°に向けないと式根島の東に向かってしまう状況。

ずっと左を向いて走ってるのだが、GPS上の方向は式根島の右端(画像中央)

所によっては対地速度ゼロになったりして非常にヤバイ。

もし式根の東に出てしまったら普段でも流れがキツイ新島との間を西に戻ることはまず不可能。

エンジン回転数を上げ、VMG3ノット台を確保するが、それでも式根島の西端ギリギリ。

たぶん式根の島沿いはもっと強く流れているはずなのでヒヤヒヤしていたところへ南西から腰のある風が吹き出した。

まさに「神風」!!

フルジブ、フルメインを展開し、艇速7ノット台、対地4ノットで式根島の西に出ることに成功。

痕から確認したら神津島と式根島の間は水深が浅いため流速が増していたんですね。

結果的には神津島を時計回りに回ったほうが楽だったと思います。

神津島→式根島間 航行当時の海面潮流状況

出典:GO-Shima (伊豆諸島潮流予測値配信サイト)(東京都)
           http://go-shima.ifarc.metro.tokyo.jp/index.html

 

新島からは黒潮Express

神津島三浦港を出港してから2時間25分、やっと式根島西端を通過。
ここまで8.5マイルなので平均3.5ノットで乗り切ったことになります。

GPSの航跡を見ると一時的に東に流されているところもあり、潮流の強さが見て取れます。

そんなこんなで式根島の西端に達したとたん今度は新島に遮られた流れが北へ!

まさにExpress!

弱いながらも南西風でアビームとなり、あっという間に利島正横まで達します。

雨雲は伊豆半島に沿って発生して海の上で消えるような状況で、上手くやり過ごしてきましたが、一度だけ豪雨に捕まりました。

 

その後はまた晴れ上がり、びしょ濡れのセールも一瞬で乾きました。

門脇崎を超えるとまた雨雲が半島を覆い、こちらにいつやって来るか分かりません。

濡れたセールを仕舞うのは避けたいと川奈崎の手前でジブ、メインとも下ろして乾いたまま船内へ!

雨柱に包まれる伊豆半島



結局一回土砂降りの後は帰港まで濡れずに帰りつきました。

 

入港時に出た虹🌈

出航 07:35 係留完了 1610
神津島から   51.0マイル  8時間35分 平均 5.9ノット
 神津島→式根島西端 8.5マイル    2時間25分 平均3.5ノット
 式根島西端→伊東  42.5マイル  6時間10分  平均6.85ノット

振り返り
  • 忘れ物注意
    最初のドジャーサイドパネル忘れ。
    船上でやろうとしてたハトメうちの駒の買い忘れ。
    そのハトメうちを家でやろうとしてハトメうちの道具を船に忘れ、
    忘れないようにメモしたものを忘れ・・・
  • 最新海流情報の確認漏れ。
    これはやばかった。安易に三宅島に行ってたら、新島まで戻って来れなかったかもしれない。

結果的に2泊3日になってしまったけどこれは仕方ない。
今年は秋までにもう一回、下田や新島へ行ってみたい。

3日目、神津島→伊東 潮流状況 & 航跡図

Youtube 【お盆クルージング2022】3日目、神津島→伊東

youtu.be



(おわり)